うつ病は悪化させないことが大切【薬の助けを借りて気の乱れを鎮静】

焦らない治療が重要

相談

ストレスフリーな環境、食事や睡眠などを決まった時間にとることに加え、薬の服用もうつ病の治療には欠かせません。抗うつ効果を持つものや、腸内環境を整えるものなどその種類はさまざまですが、服用し続けることが非常に重要です。

Read More

心の病の対処法を考える

病院

うつ病は周囲に理解されにくい辛い病気です。本人や周囲が、早期に心身のサインに気づき早めに治療を開始することが大切ですね。一般には精神科や心療内科の受診になります。薬による治療が基本ですが、回復期になっても勝手に薬をやめてしまうのは危険です。

Read More

改善には服用は欠かせない

錠剤

うつ病の治療には抗うつ薬は欠かすことができない薬ですが、効果があらわれるまでには時間がかかります。また副作用もありますが服用を続けることで薬の効果を得ることができ、うつ病の症状を改善することができます。

Read More

用量を変えたいときには

医者

うつ病による薬物治療を続けていると、不安になったり、本当にあっているのかなど疑問に感じてくることもあるかもしれません。用量を変えたり、服用を中止したりする場合、必ず医師による判断が必要になりますので相談することが大事です。

Read More

感情面の変化を読み取る

看護師

症状の悪化を避ける

うつ病の感情面の症状の中心となるのが抑うつです。これは気分が深く落ち込み、憂鬱な状態になり、その症状が長く続きます。たとえば、以前はスポーツをすることにやりがいを感じていたのに、スポーツに取り組んでも充実感やうれしさ、楽しさを感じなくなり、最後にはやりがいを感じていたこととさえも全くやろうという意欲がなくなってしまいます。また、虚しいという気持ちが急にわいてきたり、すぐに悲しい気持ちになってしまったりするというのも一つの特徴です。こうした抑うつ状態が主で、第一選択薬で効果が不十分な場合には三環系抗うつ剤を併用薬として使用することがあります。中でもノルトリプチリンは無気力な症状を改善する効果が高く、よく用いられる薬です。そして、うつ病は不安や焦りの感情を強く感じるようになります。根拠もないのに、仕事で部署の売り上げが上がらないのは自分のせいだと考えてしまい、人間関係がうまくいかないのは自分の性格のせいだとかんがえてしまうこともあります。さらにイライラすることが増え、怒りっぽくなるというのも特徴です。こうした症状が強い場合には、うつ病の治療薬の第一選択薬となっているSSRIが有効です。不安などの症状が強い場合には、SSRIの中でもフルボキサミンを処方されることが多く、この薬は強迫性障害や社会不安障害などにも使用されています。加えて、不眠や極度に神経質になっている場合などにはパロキセリンが処方されます。これは、ほかのものと比べて鎮静的であるので、朝服用すれば静穏効果がありますし、夕方に服用すれば睡眠を助けてくれる薬です。鎮静作用は1週間から2週間ほど続きますが、この鎮静作用に耐えられない人もいますので、別のものに変更しなければならない場合もあります。うつ病以外にも強迫性障害やパニック障害にも適応するとされています。さらに、この病気は治療の初期段階では、焦燥感やイライラが増すことがあり、セルトラリンという活性効果のあるSSRIに抗不安薬を併用することもありますが、適量を確かめるために少々用量を修正するのに時間がかかる薬です。このように症状に早く気づき、治療を開始できれば問題ありませんが、病気に気付かずに状態が悪化してしまうと、何の感情もわかなくなってしまいます。楽しい、うれしいなどのプラスの感情がわかないことはもちろんですが、悲しい、寂しいなどのマイナスの感情さえもうしなってしまいます。心の中がスカスカになってしまい、すべての感情を生み出すエネルギーが枯渇してしまうと治療も複雑になるので注意が必要です。

Top