うつ病は悪化させないことが大切【薬の助けを借りて気の乱れを鎮静】

改善には服用は欠かせない

錠剤

効果は遅くても中断しない

病院でうつ病と診断されると複数の手段を組み合わせて治療を行っていきますが、抗うつ薬による治療を選択するケースが多くなっています。気分の落ち込みや抑うつ状態などの症状を緩和させることができる薬で、うつ病になると何らかの原因によってセロトニンとノルアドレナリンという物質が減少します。抗うつ薬を飲むことでそれらの物質を増加させ、症状を緩和させることができるのです。どんな薬にも副作用というのはつきものですが、抗うつ薬の副作用には眠気、吐き気、めまい、頭痛、食欲不振、口の渇き、便秘、下痢などがあげられます。副作用は飲み始めてあらわれますが2週間程度すると徐々におさまってきます。飲み始めの期間は体を慣らす期間でもあり副作用とは効果が出る前ぶれなので、服用は中断しないで飲み続けるようにしてください。急に服用を止めてしまうと強い副作用が出ることもあるので、症状が改善しても服用を続け徐々に減らしていきます。ただ患者さんの体質と薬の相性によっても副作用の出方が異なるため、強い副作用がある場合には医師に相談するといいでしょう。薬を飲む時の注意点ですが、用法・用量をしっかりと守り自己判断で中断してはいけません。またお酒を飲んでしまうと効果を弱めてしまう事もあるので、治療中はできればお酒は控えることが大切です。副作用が気になるので服用したくない人もいますが、服用することで日常生活の支障も軽くすることができ、うつ病の回復には服用は欠かせないものなのです。服用を始めたらすぐに効果があらわれるイメージがありますが、抗うつ薬の場合には飲み続けることでゆっくりと効果があらわれてきます。一般的には効果があらわれるまでに2週間から4週間程度もかかるので、途中で服用を止めてしまう人もいます。また効果を感じられないと焦りや不安を感じてしまい、自分はもっと悪くなっている、医療なんて約に立たないなど否定的な物の考え方がさらに強くなってしまいます。そんな時には家族が薬の事は医師に話し、どうするのがいいのか相談しようと声をかけてあげ、診察には家族も一緒に付き添ってあげると患者さんは安心することができます。うつ病の治療法は様々ですが、抗うつ薬と休養によってほとんどの場合改善することができます。何もする気がおきない時には自宅で体を休ませ、無理をしないことが大切です。また症状がひどい場合には会社を休職することも考え、自然に気力が回復できるまでゆっくり過ごすことも治療の1つです。

Top